三重県桑名市の「名古屋こどもアンパンマンミュージアム」に子供と行ってきました。2017

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

今回は、三重県桑名市にある長島リゾート中の名古屋こどもアンパンマンミュージアム&パークへお出かけしました。

なゆきち(5)そう(2)あかりん(0)と一緒です。

さて、料金。

  • こども(1歳以上) :1500円(税込)*記念品つき*
  • おとな(中学生以上):1500円(税込)

あかりんだけは無料ですね。

あと、1歳以上小学生以下の子供には記念品がついてきます。(^。^)

アンパンマンミュージアムへ

平日ですので、ある程度すいていました。

入ってすぐに見えるのが、「積み木の観覧車」

観覧車の周りでは、アンパンマンの仲間たちがお出迎えです。

その脇に、「虹のピラミッド」

「のりものパレード」

アンパンマン号等々の乗り物がありまして、中にも入れます。

場内のスペースでキャラクターの風船も売っていました。

なゆきち達が欲しいというので買うことに。

スタッフ「こちらが1100円、こちらが1200円で、合計2300円になります( ◠‿◠ )」

たたたたた高い…!((((;゚Д゚))))

しかし今さら引き返せませんよね。

チャリーン💸(;_;)/~~~

気を取り直しまして、屋内へ。

「うみとおそらのボールパーク」

キャラクターのふわふわボールが多数置かれておりまして、好きに遊ぶことができます。

「にじのすべりだい」

階段を登るところ、滑り出すところ、着地するところにそれぞれ補助員が配置されており、究極スーパー安全なすべり台です。Σ(゚Д゚)

すべり台周辺の様子はこんな感じです。

「はっけんジオラマ」

絵本やアニメの様々なシーンが再現されているジオラマです。

同じフロア内に、バイキンマンの何かのゲームがあります。

屋外に出まして、「ごっこタウン」

いろいろなお店屋さんごっこが楽しめます。

かまどに火をつける(擬似)ことに夢中ななゆきち達。

また、場内ではアンパンマン達が徘徊してくれてます。

そうは怖がって全く近づこうとしません。

さて、買い物処としてグッズ販売店等色々ございましたが、なゆきち達が唯一入ったのがこの「ジャムおじさんのパン工場」

店内にはアンパンマンはじめ、かわいいキャラクターのパンが並びます。

クオリティもかなり高く、どれも美味しそうでした。

新しくパンが追加されるときは、店員さんが、「◯◯の顔が、焼けたよ〜!」と、その都度叫んでくれます。

ただ気になるのは、バイキンマンのパンは果たして売れているのか?

購入者の心理的に。

おわりに

アンパンマンが好きな子供たちにとっては一日中滞在できる場所ですね。

親としても、ショップ等でさほど買い物をしなければ、金銭的にもそこまで負担にはなりません。

ただ、遊具や野原を駆け巡りたいタイプのお子さんは、若干物足りないかも!

なゆきちそうはどちらかというとソレで、ミュージアムでは物足りず、その後近くの公園を巡りました。( ̄▽ ̄)

それでも帰ってからアンパンマンミュージアムの感想を聞くと、2人とも「また行きたい!」と大声で即答。

アンパンマン恐るべし、です。(。-`ω-)

スポンサーリンク

施設情報

名古屋こどもアンパンマンミュージアム&パーク

開館時間:10:00~17:00(最終入場16:00)※季節により変更あり

入場料金:こども(1歳以上) 1500円(税込)、おとな(中学生以上)1500円(税込)

駐車場あり(1,000円/1日
※アンパンマンミュージアム以外の施設(アウトレット等)で、1店舗3,000円以上のご利用で、ジャズドリーム長島施設内にて返金サービスあり(複数店舗の合算不可))

三重県桑名市長島町浦安108-4

三重県桑名市長島町浦安108-4

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする