岐阜県笠松町の子供の遊び場「笠松トンボ天国」

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

6月11日、なゆきち(5)そう(2)あかりん(0)と一緒に、岐阜県笠松町にある笠松トンボ天国へ行ってきたときのことです。

昔は船着き場として栄えていたそうですが、現在は川筋のみを残して池になっているいわゆる「河跡湖」です。

河跡湖周辺を、自然を多く残す形で整備したのが、笠松トンボ天国です。

笠松トンボ天国

地形的な希少価値が高く、様々な自然と触れ合うことができるので、子どもたちの生きた教材としても幅広く活用されているようです。

笠松トンボ天国へは、堤防道路沿いにあるトンボのモニュメントを目印に堤防道路から降りると、すぐに辿り着くことができます。

堤防から外れたらすぐに小さな駐車場が見え、その隣に遊歩道の入口があります。

入ってみましょう。

遊歩道へ

この付近で見られる野鳥。

この日は、クワの実に群がるヒヨドリとムクドリを多く確認することができました。

暑い日差しの中、遊歩道を進みます。

入口付近にある池、造成池。

せっかくなので池まで降りて周りを歩いてみましょう。

道なき場所を探検するのも楽しいですね。

なゆきち「このまま行くとどこに着くのー?」

おばけのお家かな?

なゆきち「えー」(←最近、真意を見せない相づちを覚えた)

などと会話もしつつ。

遊歩道に戻り進みます。

橋の右側がまこも池。

池には亀もたくさんいました。

まこも池の周りも探検。

そう「ここがおばけのお家だおー(´∀`)」

言われてみれば少し怖い木ですね。

そう「そう、おばけのお家いきたいー(´∀`)」

なゆきち「えー」(←最近、真意を見せない相づちを覚えた)

などと会話もしつつ。

遊歩道の隣には広大な芝生広場とグラウンドが広がります。

河川環境楽園の観覧車(左)と138タワー(右)が遠くに見えます。( =_=) ジィー

遊歩道の途中、クワの木がところどころに生えています。

なゆきち、クワの実、採って!

なゆきち「えー」(←最近、真意を見せない相づちを覚えた)

クワの実ですが、黒くなったものなら、そのまま美味しく食すことができます。

赤いものはまだ酸っぱいのでご注意を。

こういったベリー系は一般的にはジャムにするのが正攻法です。

が、もっと楽に調理する方法の1つを紹介します。

「軸を取り、砂糖を振りかけレンジでチンして潰したものをプレーンヨーグルトなどに混ぜて食べる方法」

手軽で美味しく、非常にお勧めです。(^o^)丿

そんなこんなで自然を楽しみながら歩いていると…

この付近で見られるトンボ。(`・ω・´)フムフム

しかし、色々あって正直よくわからん…!(`・ω・´)キリッ

そして最後に、奥にあるトンボ池。

笠松トンボ天国には6つの池がありますが、一番奥にあるトンボ池が一番大きな池です。

奥まで来ましたし、本日はここまでとしましょう。

自然といっぱい触れあい楽しむこともできましたので、トンボ池をそこはかとなく眺め、帰路につきます。(*´з`)

スポンサーリンク

公園情報

笠松トンボ天国

駐車場あり

岐阜県羽島郡笠松町江川

笠松トンボ天国

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする