のび太が0点の答案を庭で野焼きする行為についての考察

父ちゃん
のび太が0点の答案を庭で燃やすシーンがよく出てくるんだよねー。
後輩くん
珍しく集中して本を読んでるなと思ったら、ドラえもんですか。

父ちゃん
のび太は、5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金の対象かな?
後輩くん
廃棄物処理法ですか。野焼きは禁止されてますからねー。

廃棄物処理法

父ちゃん
法により野焼きは禁止されている。

第16条の2  何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。

後輩くん
ダイオキシン問題やらなんやらで、平成9年に焼却に関する処理基準が明確に制定され、平成13年には直罰があるこの条文が追加されたんでしたっけ。

父ちゃん
そういえば、学校から焼却炉が消えたのもそんな時期だったなあ。
後輩くん
今思うと、あんなドラム缶に毛が生えたような焼却炉じゃあ、ダイオキシンを抑えることは不可能ですね。

父ちゃん
そして、800℃以上で燃焼させることができる焼却炉を用いるなどの処理基準に合致した焼却でない限り、法違反となる仕組みとなったわけだ。
後輩くん
はい。

父ちゃん
ただし、日常生活で通常行われる軽微なたき火、宗教上の行為、農林漁業でやむを得なく行われる焼却などの一部の例外は法第16条の2による野焼き禁止の適用は受けない
後輩くん
「焼き芋がてらのたき火」「どんど焼き等の宗教行為」などですね。

後輩くん
しかし、さすがにテストの答案を焼却する行為は、社会通念上の「日常生活」で通常行われるたき火とは言えないですよね。

父ちゃん
うん。ただ、藤子先生が法に適合しない行為を描写するはずがない。きっと何か考えがあってのことだ。
後輩くん
え?

スポンサーリンク

野焼き禁止の例外

父ちゃん
しかし、解せぬ。
後輩くん
何がです?

父ちゃん
捨てるって選択肢をとるのはまだわかるんだけど、のび太は結構な頻度で燃やすというちょっとキチな行為を取りすぎる
後輩くん
まあ、確かに…

父ちゃん
あ、そういうことか。
後輩くん
は?

父ちゃん
のび太のママがのび太を叱るセリフがエグい件について。

父ちゃん
ほら、この台詞とか見て。

ママ「勉強が勉強して勉強になって勉強する事が勉強の勉強だから勉強なのよ!わかった!?」

後輩くん
なんですかこの台詞(笑)

父ちゃん
さらに、説教の時間を平均するとおおよそ1時間程度らしい。
後輩くん
1時間もこのものすごい説教が続くわけですか…

父ちゃん
そして、極め付けはこの台詞。

ママ「まあっ、勉強してる!!気がへんになったんじゃないかしら。」

父ちゃん
自分の母親にこんな扱いされた日には、グレるよ普通。
後輩くん
確かにこれはひどい(笑)

父ちゃん
のび太は、いつ暴走してもおかしくない自分の心を抑えるため、敢えて答案を燃やすという突拍子もない行動を取ることで、超自然的な何かを感じ、安らぎを得ようとしていたのではないかな。
父ちゃん
これはある意味宗教的なものであり、野焼き禁止の適用を免れる例外「宗教行為」である、と藤子先生は考えたに違いない。
後輩くん
は、はあ…

後輩くん
ええと、今さらながらマジレスしますと…
父ちゃん
ん?

後輩くん
ドラえもんに野焼きの描写が多く存在するのは、連載当時は、まだ廃棄物処理法で野焼きが規制されていなかった時代だったからだと思いますよ。
父ちゃん
ノーーー!!

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする