大人も子供も楽しめた!「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」-岐阜県各務原市-【2018年3月24日リニューアルオープン】

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

本日、なゆきち(6)そう(3)あかりん(1)と一緒に、岐阜県各務原市の岐阜かかみがはら航空宇宙博物館に行ってまいりました。

全面的な改装工事のためしばらく閉館していましたが、2018年3月24日、ついにリニューアルオープンを果たしました。

名前も「かかみがはら航空宇宙科学博物館」から「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」に変わり、通称「空宇博(そらはく)」と呼ばれていくそうです。

国内最大規模の航空と宇宙の専門博物館ということですが、大人から子供まで楽しめる要素が盛り込まれていました。٩( ‘ω’ )و

アクセス、利用料金など

アクセス

公式HP-利用案内-フロアガイド-より掲載

公共交通機関を利用する場合、名鉄各務原線「各務原市役所前駅」からふれあいバス(稲葉線又は川島線)に乗り、「航空宇宙博物館」停留所で下車します。

バスの時刻表や所要時間などはこちらから。

普通車が約550台駐車することができる無料駐車場があるため、車でのアクセスの方が便利と思われます。

ただし、リニューアル直後は混雑が予想されるため、時間に余裕を持って訪問したいですね。(臨時駐車場が設けられていました)

利用体系

入館チケットが必要になるのは館内展示施設のみで、屋外施設や館内のカフェ等は無料で自由に出入りできました。

入館料:大人800円、60歳以上・高校生500円、中学生以下無料

なお、チケットを持っていれば再入場は可能とのことです。

それでは早速まいりましょう!(・Д・)ノ オー

屋外

屋外は無料で入場できます。

屋外実機展示場

ゲートをくぐったら、最初から迫力満点。

実機が数機、屋外にずらりと並んで展示されています。

家族連れのお父さん方も、我が子そっちのけで目を輝かせてカメラで撮影していました(笑)

あ、僕もその一人、か…

遊具広場

展示飛行機の裏側に、遊具が細長く配置されています。

航空機の実機を間近で眺めながら遊べる遊具。ある意味貴重な子供の遊び場ですね☆

●コンビ遊具

●ターザンロープ

●スライド遊具

●風の音が聞こえる遊具と簡易ジャングルジム

●パラボラアンテナ

15mほど離れていますが、お友達とお話ができちゃいます♪

芝生広場

広い芝生広場。

お昼の時間になるとシートを広げお弁当を食べている家族も多々見られました。

屋内

1階が主に航空機関係、2階が宇宙関係の展示がなされています。

公式HP-利用案内-フロアガイド-より掲載

1階

航空エリア

●A1(航空機と航空産業の始まり)

見どころは、ライト兄弟のライトフライヤー(模型)と乙式一型偵察機(模型)。乙式一型偵察機は各務原で作られ、日本で初めて量産された機体です。

●A2(戦前・戦中の航空機開発)

唯一現存する実機である旧陸軍戦闘機「飛燕」と各務原飛行場で初飛行した戦闘機「ゼロ戦初号機」(模型)に注目です。

●A3(戦後日本の航空機開発)

20機の実機を開発の年代ごとに配列し、解説してあります。

土日祝のみ、一部の機体のコックピット搭乗体験が決まった時間に催されているようです。

●A4(航空機のしくみ)

一押しは、旅客機・小型ジェット機・ヘリの操縦体験ができるコーナー。大人気です。

その他にも、様々な体験コーナーがあり、賑わっておりました。

宇宙エリア

●S1(空から宇宙へ)

ロケットエンジン「LE-7」と、ロケットの先端部分に格納された衛星を守る「フェアリング」が目玉として展示されています。

その他エリア

●キッズルーム(チケット不要で入れます)

6歳まで利用できます。

●展望デッキ

100段近い外付けの階段を登り、屋上へ。

登っても何かがあるわけではない、ただの屋上です(笑)

でも、眺めはいいですよ。٩( ᐛ )و

2階

宇宙エリア

●S2(宇宙への出発)

開発中のロケットを含め、近年の代表的な国産ロケットの模型が展示されています。

●S3(宇宙から地球の暮らしを支える)

人工衛星についての解説がなされています。

●S4(人を宇宙に送る)

国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の実物大模型があり、有人宇宙開発の技術等が紹介されています。

●S5(宇宙と生命の謎を探る)

無人探査機による宇宙探査のコーナー。現在、探査の途上にある日本の「はやぶさ2」や、火星探査車「キュリオシティ」がシンボルとして展示されています。

●休憩コーナー

自販機が備え付けられた休憩所。

休憩所からは1階「A2」の展示の様子を上から眺めることができす。

その他

館内での食事は?

気になる食事事情です。

館内1階に「ミュージアムカフェ」があります。(この部屋は入館チケット不要で入れます)

「宇宙の星空カレー」や「飛行機キッズプレート」など、航空・宇宙に関連するオリジナルメニューがありました。

2018年3月現在のメニュー

正直値段は高めですが、子供ウケするメニューばかりですので、記念に食べるのは大アリと思います。(#^.^#)

以下、この日の我が家の注文状況。

●宇宙の星空カレー

予想以上に辛かったです。大人向け。

●飛行機キッズプレート

周りに座った子供連れの方々は、全員コレ頼んでましたね(笑)

●お子様キッズカレー

ちゃんと甘口です。

●星降るポテト

地味にうまい😋

●そらはくスターデニッシュ

なかなか芸が細かいですね。Σ(・□・;)

●ふわふわ星のソーダゼリー

左のソーダをかけて食べます。美味しい!

調子に乗って色々頼んでしまった…

そして、うちの子らも大喜び。

ふふ、喜んだ顔を見ることができて何より。(#^.^#)

(心の声:本当、子供は単純であるw)

ちなみに、カフェ内に、アイス・パン・ジュース等の自販機も設置されていました。

こちらで安く済ますこともできそうですね。

余談ですが、航空宇宙博物館の敷地南に隣接する形で、全く別のお洒落なレストラン(こちらからレストランホームページに飛びます)がありますので、ご参考までに。

トイレや授乳室は?乳幼児でも大丈夫?

トイレは、ウェルカムゲート付近に1か所と館内1階に2か所、合計3か所存在します。

いずれも多目的トイレがあるため、小さなお子さん連れでも安心して利用できます。オムツ替えも可能です。(^-^)

さらに、授乳室も1階キッズルームの隣にありました。

乳児を連れて行った際も、安心ですね。(・∀・)イイネ!!

お土産は売ってる?

博物館1階の出入口付近に「ミュージアムショップ」というお土産コーナーがあります。

そらもう、非常に魅力的な航空宇宙に関するグッズやおもちゃがたくさんありまして…(^_^;)

お土産を買うのも良いですが、今回は何となくやめときましょう。

となると、ここは、子供たちがおもちゃを欲する衝動が湧き出す前に急いで通り抜けるしかないですね…

頑張って、すり抜けながら出口へ一直線!≡≡≡ヘ(*–)ノダッシュ!

※とある海賊のセリフ

いやまあ、かっさらっちゃあ、いかんけども。(;^_^A

おわりに

いかがでしたでしょうか。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は、岐阜県の観光地でもあります。

僕ら大人とっては、正直、いずれもじっくり見て回りたい内容ばかり!

ですが一方、なゆきち始め小さい子供にとっては、展示系は少々退屈かもしれません。

でもそんな時は、体験コーナーや展望デッキ、ミュージアムカフェや屋外遊具などで気分転換できるのでいいですね。

結果、大人も子供も満足できました。(o^^o)

ちなみに今回予想外に、父ちゃん以上に母ちゃんがしつこくハマっていて面白かったです。

さすが工学部大学院卒の女…

以上、生まれ変わった本格的な航空宇宙博物館、機会があれば是非行ってみてください。(^O^)/

スポンサーリンク

施設情報

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

開館時間

閉館時間

最終入館

平日

10:00

17:00

16:30

土日祝

10:00

18:00

17:30

休館日:毎月第1火曜日、年末年始(12月28日~1月2日)

入館料:大人800円、60歳以上・高校生500円、中学生以下無料

駐車場(無料)あり

岐阜県各務原市下切町5丁目1番地

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする