岐阜県中津川市の子供の遊び場「クアリゾート湯舟沢」

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

先日、なゆきち(6)そう(3)あかりん(1)と一緒に、岐阜県中津川市にある中津川温泉クアリゾート湯舟沢に行ってきました。

さらに、併設されるホテル花更紗で宿泊してきましたので、その様子も紹介します。

※3ページにわたってお送りします。

クアリゾート湯舟沢とは

2017年に大幅リニューアルしたクアリゾート湯舟沢。

温水プールや温泉の他に、キッズプレイルーム、ファミコンコーナー、マンガ部屋、リラクゼーションルーム、レストランなどが設置される、大人も子供も楽しめる施設です。

さらに、併設されるホテル花更紗や2018年にオープンしたばかりのグランピング施設を利用すれば、宿泊を前提に目一杯楽しむことも可能です。d(^_^o)

利用料金

お風呂利用料金

お風呂利用料金に含まれているもの

お風呂
利用料金
平日 土日祝・特定日・
ハイシーズン
大人
(中学生以上)
600円 800円
小人
(3才~小学生)
300円 500円

全館利用料金

全館利用料金に含まれているもの

入館料
土日祝・特定日 ハイシーズン
大人
(中学生以上)
1500円 2000円
小人
(3才~小学生)
700円 1000円
※ホテル花更紗に宿泊する場合は、宿泊日と泊翌日分の「全館利用無料券」が付いてきます。

レンタル料金

館内着 バスタオル フェイスタオル
200円 200円 100円
水着 浮輪
500円 300円
※館内着セット (館内着・バスタオル・フェイスタオル):400円

料金の考察

全員分の無料券が前泊・後泊日分付いてくる当該ホテル宿泊料金を、得と考えてるか損と考えるか。少し考えてみましょう。

●我が家の場合(大人×2人、6歳、3歳、1歳)

我が家の家族構成を例に、土日祝料金のケースを考えます。

  • ホテル花更紗宿泊料金例(夕朝食付スタンダードプラン(子供2名食事&布団付)):43,200円
  • クアリゾート湯舟沢全館利用料金(2日分):(1,500円×2+700円×2)×2日=8,800円

➡つまり、2日間のクアリゾート無料券を使用した場合は、実質宿泊料金は43,200円-8,800円=「34,400円」となります。

43,200円の宿泊料金は少し高めかなと感じてしまいましたが、クアリゾート利用料金を除いた実質宿泊料金34,400円を考えると、これはお得ですね。

あくまで個人的考察ですが、宿泊込みでの訪問は大アリと考えます。

スポンサーリンク

クアリゾート湯舟沢館内

まずは、入口にある顔出しパネル。

姫の顔面部と蛙の口の部分から顔を出せます。深く考えてはなりません。


館内入口の様子。靴を脱いで入場します。

最初に受付で利用料金を支払います。

それでは、様々な施設を巡っていきましょう。(^o^)ノ

プール・バーデ・温泉

地下1階にあります。

左側の「ゆ」が更衣室に、右奥の入口がプール・バーデに繋がります。

更衣室前には、レンタル用の水着が並べてありました。

水着以外にも、浮き輪やタオル等もレンタルできますよ。

注意事項

利用者の要望により、禁止されていたカメラ撮影は、現在、条件付きで可能とされています。

条件とは、撮影は他者が映らないようにすることと、SNS掲載時は配慮すること。

確かに見ず知らずの他人に水着姿を撮られるのを不快と感じる方もいますからね、配慮は必要と思います。🤔

プール

ということで、早速向かいましょう。

プールコーナー入口には、浮き輪を膨らますエアポンプが複数備えてあるため便利です。(*゚▽゚*)

●25mの温水プールと63mのウォータースライダー

プール屋内は結構な人数がいるため、例の撮影条件はクリアできない気が…( ̄∀ ̄)💦

てことで、画像はホームページより転載です。

なかなか広くて楽しめそうな温水プール。

スライダーの出口などに監視員が常駐していて、親としては安心して子供を遊ばせられます。d(^_^o)

室内プール

画像出典:クアリゾート湯舟沢公式HP

●屋内幼児用プール

浅い幼児用プールには小さな滑り台が付いています。

室内プール

画像出典:クアリゾート湯舟沢公式HP

●屋外流水プール

屋外は屋内と比べてわりと空いていますね。

これくらいの人数なら迷惑かけることなく撮影できるかな?

はい、チーズ!📷パシャ

周囲が山林に囲まれているため、自然を感じながらプールを楽しむことができますね。

また、流れるプールは屋内と繋がっているため、泳いで屋内プールに移ることができます。

●屋外ジャグジー

他のプールより少し水温が高いです。

ぶくぶく。

しかし、そうしかいない。(^◇^;)

バーデ

こちらも利用者が多かったので撮影は遠慮しました。

水着で水流風呂に入ることができます。(^-^)

バーデゾーン
強い泡や水流に子供達も大喜び。
一部深い場所もあるため、小さい子連れの場合、大人はおちおちリラックスもできません。(^◇^;)
バーデゾーン

画像出典:クアリゾート湯舟沢公式HP

温泉

アルカリの強いヌルヌルした温泉で、とっても気持ちがよいです。

更衣室から直結しているので、こちらは裸で入りましょう。

画像出典:クアリゾート湯舟沢公式HP

~次のページへ続く~

次は、キッズプレイルームや、ゲーム部屋、漫画部屋、レストランなどの様子をお伝えします!

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする