「フライト・オブ・ドリームズ」は子供も楽しめる??子連れで行ってきました。【中部国際空港セントレア/2018年10月オープン】

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

本日、愛知県常滑市の中部国際空港(セントレア)内に「FLIGHT OF DREAMS」(フライト・オブ・ドリームズ)がオープンしましたね。

展示されるボーイング787初号機を中心に添えた複合商業施設で、1階にはチームラボがプロデュースした体験型コンテンツが充実しています。

さらに、2階・3階には、シアトルの街をコンセプトにした飲食・物販エリアも展開されます。

僕自身はホームページ等をチェックしては勝手にワクワクドキドキしていましたが、果たして子供も満足できるのでしょうか?

今回、なゆきち(6)そう(4)あかりん(2)と一緒に、実際に巡ってきましたので紹介します。(๑・̑◡・̑๑)

場所と利用料金

屋根続きなため、雨でも傘なく安心して向かえます。

出典:フライト・オブ・ドリームス公式HP-アクセスガイド-掲載の画像に追記

電車を利用の場合、立体駐車場「P1」連絡通路をA棟に向かって進みます。

10分近く歩くことになりますが、道中「動く歩道」が設置されています。子供はそれだけで満足しますので、全く苦にはならないはずです。(^_^;)

ちなみに、駐車場を利用する場合は「P1」のA駐車場が最も近いです。駐車料金はこちら(セントレア公式HP-駐車料金-)をご参照ください。

入場料金

フライトパーク(1階)

中学生以上 1,200円
3歳~小学6年生 800円
3歳未満 無料

※前売りチケット(金額は同じ)をネットで購入することができます。事前に発行されるQRコードを入場口にかざすことで、チケットカウンターに並ぶことなく入場が可能です。詳しくはフライト・オブ・ドリームズ公式HP-チケット-をご確認ください。

再入場をしたい場合は、入口に備え付けられている飛行機型のスタンプを手に押してから退場します。スタンプは透明ですが、ブラックライトを照らすと確認できます

これ、子供が無駄に喜ぶやつですよねえ。f^_^;

ボーイングショップ(1階)

入場無料です。

シアトルテラス(2階・3階)

入場無料です。

フライトパーク(1階)

※オープンから約10日経過した休日にも来場しましたが、フライトパーク受付(当日券売場)では目立った混雑は見られませんでした。(10:00の開場直後は多少並んでいましたが)

中央のボーイング787初号機の実機展示を中心に9つの体験型コンテンツが存在します。

【展示】ボーイング787初号機

実機の展示。フライトパークの目玉ですね。(o^^o)

さらに、787機の展示を利用した様々なコンテンツが用意されていまして、これは後ほど紹介します。

【01】フライ ウィズ 787ドリームライナー

787機の周りでは、30分おきにプロジェクトマッピングによる音と光の演出を観覧することができます。上映時間は7〜8分程度でした。

後述する2階・3階の飲食物販エリア「シアトルテラス」からも眺めることができるため、入場料を支払わず観覧することも可能です。( ^ω^ )

3階から観覧した場合

しかし、オススメは何といっても4階から観覧すること。2階・3階と比べると見え方が全然違い、より立体感を味わうことができます。

4階から観覧した場合

なお、4階から観覧するためには、フライトパークに入場のもと、4階へ通じる階段前の受付で整理券を事前に取得する必要があります。(4階入場の人数制限が設けられているため)

フライトパーク入場直後に、まず整理券を取得することをお勧めします。(^o^)/

1階で観覧した場合

余談です。

演出中、子供にとっては1階で過ごすのが一番喜ぶのかもしれません。

まるで犬のように、興奮しながらプロジェクトマッピングの光を追いかけ続けますwww

【02】ボーイングファクトリー

実際にボーイングが組み立てられていく様子を映像で観ることができるコンテンツです。

使われている映像の一部は米ワシントン州のエバレット工場で実際に撮影したもので、特別に許可されたエリアでの映像もあるそうですよ。

【03】奏でる!紙ヒコーキ場

まずは、紙ヒコーキを折って絵を描きます。

折り方などの説明書きは現場にはありませんでしたが、スタッフさんに聞けば丁寧に教えてくれます。

我が家はそらもうテキトーに折りましたが。(;^ω^)

※右下のはあかりんの作品

んで、紙ヒコーキを飛ばす体験ができます。

飛ばした飛行機が光のゲートをくぐるごとに空間の光や音が変化する仕様ですので、飛ばすだけでもワクワクしますね。(*゚∀゚*)

しかし、うまく飛ばせるかどうか。これが一番の課題ですね…

自分が見た限り、我が家を含め遠くののゲートまで飛ばせた人はいませんでした💧

紙飛行機の折り方の予習が必要かもしれません。(^◇^;)

この体験には、子供たちも本当に大興奮!!

回転が早い体験コンテンツなため混雑は見られず、何度も並んでは何度も飛ばしていました。

【04】お絵かきヒコーキ

自分で色を塗った飛行機の絵をスキャンし、その飛行機がドーム空間内を立体的に飛び回るコンテンツです。

この体験の凄いところは、備え付けのタブレットで先ほどスキャンした飛行機を操縦することができるところ。

また、飛行で獲得したポイントを競うこともできます。(↓色々あってボロボロの点数w)

【05】エアラインスタジオ

パイロット又はキャビンアテンダントの衣装に着替え、航空会社の仕事を体験できるコンテンツです。

その際、事前に自分で塗り絵で描いた「お客さん」をスキャンし、プロジェクトマッピングにより飛行機に搭乗させます。

※右下のはあかりんの作品

その後、制服を羽織り、バーチャル機内でお仕事体験をします。

なお、制服は大きなサイズまで用意されているので、大人も普通に参加できます。

僕が行った時、知らないおじいちゃんも一人で陽気に参加していました。(^O^)ノ

専用に設けられた写真撮影コーナーから撮影すると、本当に仕事しているような写真を撮ることができます。(・∀・)イイネ!!

なお、最初に描いた自分の絵のお客さんは最後に登場しますので、一緒に写真撮影が可能です。(・∀・)イイネ!!

ただ、少し時間を要する体験なので、タイミングによっては待たなければいけないこともあります。

【06】ZA001コックピット

ボーイング787初号機であるZA001のコックピットを見学することができます。

残念ながら操縦席には座れません。

順番に案内されるので、かなり混雑していました。

【07】歩いて集める飛行機図鑑

館内でスマートフォンアプリをダウンロードし、展示されているボーイング787型機のまわりを歩きながら、アプリ使って飛行機のパーツを探し回ります。

ZA001の周囲をくまなく歩くことで、図鑑が完成する仕組みとなっています。(^-^)

【08】シアトル航空館ワークショップ

別途料金(数百円)が必要になるようです。

様々な工作や実験で、飛行機が飛ぶ仕組みなどを理解できる!とのことです。(未体験)

※写真はパラシュートを作る体験

【09】787シミュレーター

ボーイング787型機のコックピットをリアルに再現したシミュレーターで、別途料金(詳細はラグジュアリーフライト公式HP参照)が必要になります。

事前予約が必要で、インストラクターの指導のもとボーイング787の操縦に挑戦できるようです。

5分コース(写真撮影のみ)からみっちり3時間コースまで、様々なプランが用意されているみたいですね。Σ(・ω・ノ)ノ!(未体験)

ただ、料金はかなりお高いので注意。

出典:フライト・オブ・ドリームズ公式HP

ボーイングストア(1階)

お土産屋さんです。

米国外初のボーイングストアが日本に進出!とのことで、1階にあります。

アメリカから直輸入したボーインググッズを始め、飛行機アイテムがそろっていました。

子供用の商品もちらほら発見しましたが、遊べそうなおもちゃは少ないですね。

子供にとっては魅力が少ない場所かもしれません。

シアトルテラス(2階・3階)

2階・3階は、ボーイング創業の街「シアトル」をテーマにした飲食物販エリアとなっていて、全16店舗が店を構えます。(2018年10月現在)

店のラインナップは公式HP-シアトルテラス-をご確認ください。

ハンバーガーやチーズ料理、ポテトやピザやお肉などなど、子供が喜びそうなアメリカンな料理がたくさん揃っています。

1階に展示されている787機を眺めながら飲食をすることができるので、迫力があっていいですね。(・∀・)イイネ!!

さて、飲食店街で、わかりやすい「子供向けメニュー」を2つ発見しました。

1つ目の子供向けメニュー

1つ目は、3階にある「THE PIKE BREWING RESTAURANT & CRAFT BEER BAR(ザ パイクブリューイング レストラン アンド クラフトビアバー)」というお店。

飛行機型のプレートに盛り付けられた「お子様プレート」(980円)が複数あり、確実に子供ウケします。(^-^)

また、この店は他のメニューも豊富なため家族でも入りやすいのもいいですね。(・∀・)イイネ!!(個人的には、1万円近い値段の超特大ハンバーガー(要事前予約)が非常に気になるところですw)

※クリックにて拡大表示可能

アメリカンな雰囲気で食事をいただけました。

2つ目の子供向けメニュー

2つ目は、2階フードコートにある「Foodie’s Stand(フーディーズ スタンド)」というジェラートやワッフルが楽しめるお店。

「スカイソーダ」というメニューがあります(650円)。

飛行機が綿アメの雲の上を飛んでいる炭酸ドリンクで、綿アメを溶かして味わいます。こちらも子供ウケしますよね~。

ちなみに、イートインが可能な2階のフードコートでは、787機の主翼の真下で飲食をすることができるため、より一層の迫力を味わえます。(^O^)/

おわりに

フライトオブドリームズの子供にとっての第一の魅力は、「プロジェクトマッピングを利用した観覧や体験が充実していること」です。

音と光とのコラボレーションを活用した数々のコーナーは、直感的に楽しめる内容が多いので、小さな子供も素直に喜んでいました

また、派手な演出効果により、あまり飛行機に興味がない子でも関係なく十分に楽しめるものと思います♪

ほかにも、アメリカシアトルの雰囲気を楽しめる飲食店街なども魅力的ですね。

ただ、どのメニューもお値段設定が高めなので……まあ、国際空港内部という場所がら、仕方ないんでしょうが。(^◇^;)

以上になります。

フライトオブドリームズは子供も十分楽しめる場所でした😊

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

施設情報

フライト・オブ・ドリームズ(FLIGHT OF DREAMS)

営業時間等:フライト・オブ・ドリームズ公式HPを参照

駐車場あり(有料):セントレア公式HP-駐車料金-を参照

愛知県常滑市セントレア1-1

中部国際空港

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする