子供も怖くない?小1女子と日本最長のローラージップを体験してきました。|パームガーデン舞洲

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

先日、なゆきち(7)そう(4)あかりん(2)と一緒に、大阪府大阪市にあるパームガーデン夢洲(まいしま)に行ってまいりました。

パームガーデン舞洲とは?

パームガーデン舞洲は2017年にオープンしたばかりのグランピング施設です。

2019年3月には現時点で日本最長のローラージップ(ぶら下がり式レールコースター)がオープンし、さらなる進化を遂げました。

どうやらこのローラージップ、身長110㎝超えの小学生から体験することができるようですね。

なゆきちと一緒に滑ってみましょう♪

画像出典:パームガーデン舞洲公式HP

駐車場情報

舞洲には色んな施設があり、いろんな駐車場があります。訪問時、恥ずかしながら車をどこに停めたらよいか少し迷ってしまいました。(-_-;)

↓の場所にパームガーデン舞洲の駐車場の入口ありますので、ご参考に。

34.6663228,135.3901592

これが、駐車場入口の様子です。

駐車料金(2019.3現在)

2時間まで 500円
以降1時間ごと 100円
24時間最大料金 1,000円

ローラージップへ!

ローラージップとは、ひと言でいえば「ターザンロープのすごいやつ」です。

ハーネスを付けてレールに吊られ、高台から動力を使わずに自然降下していきます。

レール長は257mで、なんと現時点で日本最長!クネクネしたり穴を通り抜けたりする魅力的なコースで、約1分間の滑走を楽しめます。

平均時速は19㎞とのことですが、正直、体感的に速いのか遅いのかよくわかりません。(^^;)

とりあえず、なゆきちには

「ジェットコースターと違って全然怖くはないよ~ん(๑・ω-)~♥”」

と適当に伝え、実際に体験してみましょう♪

利用料金・利用条件

もちろん、グランピングで宿泊していなくともローラージップを利用することができます。

利用料金:1,200円

以下の方は利用できないですので、ご注意を!

  • 小学生未満の子供
  • 身長110cm以下の子供
  • 同意書に保護者(18歳以上)のサインない12歳以下の子供
  • 体重90kg以上の人
  • 身体・健康面(特に心疾患)に関する不安事項がある人
  • 動きやすい服装でない人(サンダル、ミュール、スカートは不可。)→シューズ、ズボンのレンタルあり(有料各200円)
  • 事前説明や同意書に同意できない人
  • 妊娠中の人

また、雷・大雨・濃霧・強風の場合は運休するようです。海辺ですので特に強風による運休には注意!

事前に確認した方がいいかと思います。

ちなみに、訪問したのは3月23日(土)の午前でしたが僕たち以外の客はほとんどおらず、全く混雑していませんでした。

実際にやってみました

まずは、なゆきちがトライ。

優しいスタッフさんにハーネスを着けてもらい、レールにぶら下がります。

ハーネスのひもにつかまれば怖くないよとアドバイスを受け、6mの高台からスタートです。

いってらっしゃ~い。(*´∀`)ノシ

見る限り、絶叫って感じではありませんが、予想以上のスピードが出ている気がします。

なゆきちは耐えきれるのかな?((〃゚艸゚)) ソワソワ

お、意外と大丈夫そう👀

そして、楽しそうにゴール。スタッフさんが出迎えてくれます。(*^^)v

早速インタビューしてみました。

どうでした、なゆきちさん?

なゆきち「寒かった。」

ああ、確かに今日は気温も著しく低く…ってそうじゃなく!

改めて聞いてみると、すごく気持ちよかったとのこと。

出発時は怖かったけど、途中から全然そんなこともなくなったようです。

ジェットコースターNG(幼児用ジェットコースターくらいなら乗れます)の臆病な小1女子でも、全く問題なく楽しむことができました♪

なゆきちの次に僕もトライ。

スタッフさんいわく、ひもにつかまらず腕を胸のあたりで組み、さらに足をピンと伸ばして滑走するとスピードが出るようです。

うっほほ~い♪気持ちいいな~♪

途中、穴を通過するアトラクションも。

うおぉぉぉ!当たる当たる!

ふぅ、無事通過。ε-(´∀`*)ホッ

ちなみに、ふにゃふにゃの薄い壁なので当たっても痛くありません。

穴の他にも、いきなりガクンと落下するポイントが数か所あったりして楽しませてくれます。

あとはひたすら滑り降ります。

はっきりいって、幼児用ジェットコースターよりも怖くないレベル。

一方で、爽快感は半端なかったです。

海辺の素晴らしい景色をひとり占めすることもできますよ。(∩´∀`)∩

他にも楽しめる場所は?

ローラージップだけでなく、他にはどんな遊び場があるのでしょうか?

パームガーデン舞洲内やそこから歩ける距離にある場所に、他にも子供の楽しめる遊び場がありました。(^o^)/

グランピング

というか、これがパームガーデン舞洲のメインです。

アメリカから輸入した「トレーラーハウス」や「エアストリーム」でグランピングを楽しむことができます。

雰囲気もアメリカンでよいですね。マイアミをイメージしているんだとか。

日帰りBBQも可能です。少し安価な食材持ち込みプランもあるようです。

こちらはシーサイドテラス。

屋根やカーテン付きなので雨風にも配慮されていますね。(‘◇’)ゞ

セグウェイ

ローラージップとほぼ同時期の2019年3月にオープンしたセグウェイパーク。パームガーデン舞洲内の「太陽の広場」にて自由に滑走が可能です。

写真は太陽の広場

使用するセグウェイはオフロードタイプなので、芝生や砂利道なども問題なく進むことができます。

画像出典:パームガーデン舞洲公式HP

初心者でもインストラクターの方がしっかりレクチャーしてくれるとのことで、安心ですね。

利用料金:3,000円/25分(講習時間含む)
(オープニングキャンペーン中は2,000円)

利用条件は、16歳以上(20歳未満は保護者の同意が必要)で体重45㎏~118㎏の人。ハイヒールやブーツ等の乗車に適さない靴での運転や飲酒運転はNGです。

キッズパーク(グランピング場内)

パームガーデン舞洲内の中央に位置する広場に、飛行機の遊具がありました。飛行機はシーソーみたいに左右にゆらゆら揺れます。

おままごとテントもありました。

パークゴルフ

IMG_5334.jpg

画像出典:舞洲スポーツアイランド公式HP

全7ラウンドのコースを最大3ラウンド楽しむことができるようです。

利用料金:500円/1人、(200円/レンタルクラブ&ボール)

場所はこちら。パームガーデン舞洲のすぐ東です。

画像出典:舞洲スポーツアイランド公式HP

ゴーカート

ISK大阪舞洲店という、パームガーデン舞洲の北隣にあるサーキット。本格的なカートに乗ることができます。

一般カートに加え、親子で楽しめる2人乗りカート、ジュニアカート(小学3年生以上・身長125cm以上)などがあり、様々な利用プランがあります。

利用料金やプランなどの詳細は公式HPから。

舞洲緑地

パームガーデン舞洲から徒歩でぎりぎり行けるくらいの距離。少しだけ遠いです。

下地図のポイント「舞洲緑地」のすぐ真北に駐車場があるのですが、有料ですが、30分までは無料で停められます。

舞浜緑地

舞洲緑地にはドカーンと1基、大きなコンビ遊具が置かれています。

思いっきり遊ぶことができました。(・∀・)イイネ!!

おわりに

ローラージップですが、とにかく気持ちよかったです。

なゆきちも「またやりたい!」と何度も言っておりました💦

そして、ローラージップ以外にも、グランピングや体験施設等を楽しむことができるのもイイですね。

ただ、それぞれの遊び場の位置関係が非常に分かりにくく、HP等に見やすい全体地図もなかったため、訪問時には苦労しました。

現場の看板写真に多少手を入れたものを、参考までにここに残しておきます。(^o^)/

※クリックで拡大できます

スポンサーリンク

施設情報

パームガーデン舞洲 ローラージップ

ローラージップ開園時間:9:00~17:00(夏季はナイター営業あり)

詳細は公式HPより

駐車場あり(有料)

大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目3 番57号

34.6663228,135.3901592

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. のりゅ より:

    おはようございます

    USJの近くに、このような遊具がオープンしていたとは…
    まったく知りませんでした
    山梨県南都留郡にある「富士すばるランド」の
    ロールグライダー ポッポルのスカイウォークに似ていますね

    2019年5月に、また大坂府へ旅行することを計画しているので
    都合がつくのなら遊びに行ってみようと思います
    (USJ、ニフレルは外せないので行けるかな?って感じです)

    • 父ちゃん より:

      こんにちは。
      富士すばるランド、HPを見ましたがロールグライダーの他にもアスレチックや立体迷路等があって楽しめそうですね。キャンプがてら行きたい場所です!

      舞洲はUSJのすぐ近くなので、空き時間が確保できれば是非どうぞ☆