愛知県名古屋市の子供の遊び場「名古屋市農業センターdelaふぁーむ」。梅まつりやふ化したてのヒヨコなど。

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

いきなりですが、愛知県の梅の名所といえばどこでしょう?

いつも真っ先に名前があがる場所としては、知多市の佐布里池、名古屋市の農業センター、豊橋市の向山緑地、豊田市の平芝公園などでしょうか。

本日は、その県内有数の梅の名所であもる、愛知県名古屋市天白区にある名古屋市農業センター(delaふぁーむ)に行ってきました。

12品種700本のしだれ梅が咲き誇り、毎年「しだれ梅まつり」が開催されます。

2019年3月5日現在、梅の花は「満開」を迎えていますよ🌸

名古屋市農業センターdelaふぁーむ

平日の遅がけの訪問。今回は公共交通機関を使いました。

んで、来園の際に駐車場に目をやると…?

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

予想的中!駐車場入場待ちの長蛇の列が。(^_^;)

いやいや、いくら見ごろの時期とはいえ、訪問したのは平日であって、かつ閉園の45分前(15:45頃)ですよ?

梅まつり、恐ろしや…

名古屋市農業センターとは?

ウシやヒツジの放牧場、さまざまな鶏がみられる展示鶏舎、ふ化の見られるふ化展示室などの畜産施設、花の展示施設、野菜の栽培温室、野菜の畑などの園芸施設、芝生広場と約700本のしだれ梅園などを自由にご覧いただけるほか、農業センターで搾った生乳を使ってつくられた牛乳・アイスクリームも楽しめます。

出典:名古屋市公式HPより

ふむふむ、梅の名所として有名な場所ですが、普段から植物や動物を観たり触れ合ったりすることができる場所でもあるんですね。

通常時に来ても、楽しむ要素は色々ありそうです。(^∇^)

出典:名古屋市公式HP(クリックで拡大できます)

名古屋市農業センターの植物

梅の花

さて、こちらが本日のお目当ての梅の花たち。

竹林越しに観てもなかなか風情がありますね。

いざ梅林の中に入ると、周りからイイ匂いが漂ってきます。◟꒰◍´Д‵◍꒱◞オオ!

白やピンクのしだれ梅がそこら中に咲き誇る姿は、圧巻のひと言でした!

その他

展示温室では、季節の花々などを常時鑑賞できます。

あと、中央の芝生広場に小規模ながら菜の花も!

そういえば、菜の花の季節でもありましたね。

予想外の登場に思わずほっこりしてしまいました。(◍•ᴗ•◍)

名古屋市農業センターの動物

一番面白かったのは、「ふ化展示室」にて、ふ化したてのひよこが見れることです。

こちらは、本当にふ化したての子たち。

卵を破って出てきた跡があります。

運が良ければふ化する瞬間を見ることができるのではないでしょうか!?

そしてこちらが、ふ化してから少し経った子たち。

もこもこ!!

可愛いですね。( *ᵅั ω ᵅั*)

他にも、家畜をたくさん観ることができます。

名古屋コーチンをはじめとした、様々な種類のニワトリたちなど。

仔牛舎の仔牛。生後3か月未満のお方です。

その近くには、乳しぼりの練習ができる場所がありました。(出てくるのは多分、水)

僕もすごくやってみたかったのですが、よそのお子さま達が代わるがわる使っていたので、そこに割り込むことができませんでした。

くそう、やりたかった!あの時に一握りの勇気があれば…!

こちらはヤギやヒツジたち。エサをやることができますよ。

各種イベント

農業センターでは様々なイベントが開催されているようです。

しかし、期間限定のイベントが多いので、来園日程には気を付けましょう。さらに、事前申し込みが必要なものも多いので注意が必要です。詳しくはこちら(名古屋市公式HP(農業センターページ内のイベント情報))をご参照ください。

以下に示すのは、イベントの一例です。

動物とのふれあい

例えば「ヒヨコとのふれあい」

名古屋コーチンのヒヨコの写真

画像出典:名古屋市公式HP

毎週土曜日・毎月第1日曜日の13:30から14:30分まで※、ふ化展示室にて名古屋コーチンなどのヒヨコとのふれあいを楽しむことができます。※:2019年3月現在の情報

他にも「親子乳しぼり教室」や「羊の毛刈り体験」など、動物とのふれあい体験が多彩です。

収穫体験

センターの畑で育てた野菜を収穫し、収穫した野菜は持ち帰ることができます。作物により、開催時期は限定されています。

とうもろこし収穫体験の写真

画像出典:名古屋市公式HP

【収穫体験(当日受付可)の一例】
春:タマネギ、春ダイコン 夏:トマト、スイートコーン、ピーマン、ナス、ポップコーン 秋:ラッカセイ、ダイコン  冬:ミツバ、八事五寸ニンジン

他にも色々ありますが、「タケノコ狩り体験」なんかができる日もあるみたいですよ。(・∀・)イイネ!!

手作り教室

例えば、「バター、アイスクリーム手作り教室」など。

バターを作っている様子

画像出典:名古屋市公式HP

delaふぁーむの牛乳を使って、バターとアイスクリームを作ることができるようですね。

農産物の販売など

売店(なごやか市場)

野菜はもちろん、様々な加工品やお菓子などが販売されています。

お手軽なお土産としては、農業センター産名古屋コーチン卵をたっぷり使った「なごすけクッキー」なんかが良いかもですね。公式HPでも紹介されていました。

甘くて濃厚な味。とても美味しかったですよ。(*´з`)

ミルク工房売店

農業センター産の牛乳やアイスなどを販売しています。

※画像はクリックで拡大可能

かなり人気で、店の前には常に行列ができていましたよ。(; ・`д・´)

レストラン

名古屋コーチン食堂という名のレストランで、農業指導館内にあります。

※画像はクリックで拡大可能

名古屋コーチンを使用したメニューが人気のようです。(^o^)/

おわりに

「県内屈指の梅の名所」の名に恥じぬ感じで、しだれ梅が咲き誇る姿は圧巻でした!

さらに、どうやら3月10日が「名古屋コーチンの日」とのことらしく、1週間程度ではありますがその辺りの日程で「名古屋コーチンまつり」が並行して開催されます。

花と団子、両方を楽しむにはもってこいですね!

その分、特に梅の花の見ごろの時期は駐車場付近が混雑・渋滞しまくるため、車を使う場合は早朝から来るなど、来園の時間帯を考える必要がありそうです。(-_-;)

そして、梅の花以外にも、特筆すべきは「ふ化展示室」。

ふ化したてのひよこが見れるので、非常に面白く、また非常に癒されます。

イベント開催日(現時点では毎週土曜ほか)を狙って訪問すれば、ひよことの触れ合いも叶いますよ。

ふ化したてのひよこを観たり動物との触れ合いなどを通じ、子供も満足できるものと思えますが、残念ながら名古屋市農業センターに遊具や遊び道具はないため遊び足らない感じで終わってしまうかもしれません。

遊具がわりと充実したすぐ近くの公園「天白公園」なんかと抱き合わせで訪問するのもアリかもしれませんね!

スポンサーリンク

公園情報

名古屋市農業センターdelaふぁーむ

開園時間:9:00~16:30

休園日:毎週月曜日(休日の場合は直後の平日、12月29日から1月3日まで

駐車場あり(基本無料、梅まつりの間は有料)

愛知県名古屋市天白区天白町平針黒石2872番地の3

名古屋市農業センター

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする