本格室内アスレチック「トンデミ」がオープン!イオンモール桑名の遊び場を子供と巡ってきました♪

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

三重県桑名市の大型商業施設「イオンモール桑名」(旧マイカル桑名)に、2019年4月、東海初となる室内本格アスレチック施設「スペースアスレチック トンデミ 桑名店」が誕生しました。

加えて、トンデミ以外の子供の遊び場(有料・無料)も巡ってきましたので併せてご紹介します♪

なゆきち(7)そう(4)あかりん(2)と一緒です。

1ページ目
【有料の遊び場】

トンデミ(3番街3F)
2ページ目
【有料の遊び場】
モーリーファンタジー・わいわいパーク(1番街2F)桑名グランドボウル(2番街2F)、パロ(2番街2F)
【無料の遊び場】

キッズガーデン(1番街2F)、モーリーファンタジー内スペース(1番街2F)、キッズスペース(1番街3F)、噴水の広場(1番街1F)、子育て支援センターにこにこ(2番街1F)

今回は、2ページに渡ってお送りします。(^o^)ノ

スポンサーリンク

有料の遊び場

トンデミ 桑名店

場所:3番街 2F

トンデミとはバンダイナムコが手がける次世代アスレチック施設で、子供はもちろん大人も楽しめると話題のようです。

そして、今回誕生した桑名店は東海地区初とのことで、期待も高まります。(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

利用方法

画像出典:トンデミ桑名店公式HP

敷地はかなり広く様々なエリアに分けられるのですが、利用方法としては、「キッズエリア」と「それ以外のエリア」の2つに分けて考えます。

●利用料金と利用条件
種類 時間 料金 条件 事前登録
フリーパス(キッズエリア以外) 120分 2,400円/人 身長110cm以上体重20kg~120kg。小学生以下は保護者(高校生不可)の付添いが必要。 500円(オリジナルソックス付き)
キッズエリア 120分 800円/人 2~12歳。大人は保護者としての入場。 不要
保護者 120分 500円/人 入場のみ、遊べない。 不要
0~1歳 120分 無料 入場のみ、遊べない。 不要

料金や条件については記事掲載時点から変更されている可能性もありますので、実際に利用される際にはいちどトンデミ桑名店公式HPから確認してくださいね。m(_ _)m

●Web予約

また、トンデミ桑名店公式HPからWebで事前に予約(入場日時を指定)することができます。

もちろん予約なしで挑むことも可能ですが、休日の場合は特に、混雑を避けるためにもできるだけ予約してから訪問したいものですね。(^o^)/

Q 予約をしないと遊べないの?
A 予約なしでご来店いただいてもトンデミで遊べます。しかし混雑時、ご希望の時間でご案内できない場合がございます。ご来店時はWEB予約をされることをお勧めします。

文章出典:トンデミ桑名店公式HPより

●オリジナルソックス

なお、初めてフリーパスで入場する際には必ず「会員事前登録(500円)」が必要なのですが、登録が済むと裏面に滑り止めが付いているオリジナルソックスがもらえます。

トランポリンとエアーランエリアではオリジナルソックスを履くことが求められているので、次回入場時も忘れずに持参する必要があります。(-ω-)/

①トランポリンエリア

全19面・約80坪の本格トランポリン。3つの魅力的なゾーンに分けられます。

●フリーゾーン

1人1マス、自由にジャンプを楽しむことができます。

縄跳びも置いてあるので楽しさ倍増ですよ。

おお!?すごく弾む、弾むぞぉ!

弾む弾む弾む弾むうぅぅ!

うおおおぉぉぉぉぉぉぉ!\( ‘ω’)/

すぐに調子に乗る僕。そして一瞬で太ももがガックガクに。

明日(もしくは明後日?悲しい)、確実に筋肉痛になりそうです。(ノД`)・゜・。

一方、なゆきちはヘバることなくはしゃぎ続けていました。

子供、すごい…

●ダンクゾーン

運動能力やら身長やらが足りず、ダンクに代えてシュートを放って遊び出すなゆきち。(;^ω^)オイオイ

なゆきちや~い!こうやって遊ぶのだよ!父ちゃんをしっかり見ておくといい!!

スラーム…🏀( ̄▽+ ̄* キラン

って、あれ? いない…

●ジャンプピット

トランポリンからの飛び込みを体験できました。

びよ~ん、ぼふっ。

②スポーツアトラクションエリア

様々なスポーツ(バスケ、ドッジボール、サッカー、ボーリング、アメフト、フリスビー、ターザンロープ)をゲーム感覚で楽しむことができます。

電光掲示板にて点数化されるものも多くあり、どれもこれも盛り上がりましたよ。(^^♪

そして、なゆきちと僕が特にハマり、このエリアで最も多くの時間を過ごしたのがこちら↓↓。

●ValoJump

専用のトランポリンでジャンプする事で画面に映し出される自分自身を操作して、ジャンプしてゴールを目指したり、ゲーム内に出てくる敵を倒したりします。

画面にはこんな感じで自分が映ります。スゲエ! w(゚ロ゚;

なゆきちがジャンプしてなんか敵を倒しとる…!

③クライミングウォールエリア

入場後、まず最初に安全帯とヘルメットを着用します。(スタッフの方が着けてくれます)

その後、遊び方の説明を受けたらすぐにプレイ開始です!

そこには合計9種類のクライミングコース(総計12コース)があって、どれもこれも楽し気なものばかり。(^^♪

減速装置付きのロープを装着して挑むので安心してクライミングを楽しめます。

また、減速装置付きのロープを使って、登った後に上部からヒュ~っと降りてくる「落下行為」も楽しめちゃいますよ。

豆の木を登っていくものや、自分でブロックを積み上げて頂上を目指すもの、マリオみたいに足場を伝って登っていくものなど、面白そうなクライミングばかりでした。

さらに、プレイ中はスタッフさんが近くで目を光らせてくれているので安心です。(o^^o)

④ロープウォークエリア

高さ約3.5mの高所に張り巡らせた空中アスレチックを、安全帯とヘルメットを着けて前進します。

安全帯とヘルメットの着脱が面倒なら、③クライミングウォールと連続でプレイするのが効率的です。

空中のコース内には自由に動き回れるスタッフさんがいてくれて、うまく進めなかったりするとすぐに助けてくれます。

安全ロープを自分でスライドさせながら遊んでいくわけですが、小さい子は安全ロープをうまくスライドできずに苦戦することもよくあります。

そんな状態に陥ったなゆきちを見かけるや、すぐにスタッフさんが助けに来てくれました。(-人-)アリガタヤ~

おかげでなゆきちもいっぱい楽しむことができたようです。(^O^)/

(父ちゃんはトランポリンでヘバって参加せず…)

⑤エアーランエリア

全長72mのコース内にはエアーでできた障害物が設置されており、よじ登ったりくぐったり飛び越えたりなぎ倒したりと、様々な方法でゴールを目指します。

全体像はこんな感じ↓。

画像出典:トンデミ桑名店公式HPより

コースの最後には高さ6m全長15mの長くて急な滑り台が待ち構えており、大興奮のゴールを演出します!

…のはずなんですが、なゆきちが最後の急な滑り台にビビッてしまい体験できませんでした。(^^;)

滑り台を通らないとゴールできない仕様となっているようですね。

⑥ペダルカートエリア

つまりは4輪自転車

カートはペダルを漕ぐことで動き、ハンドル操作も簡単です。

少しだけ窮屈ですが、大人の僕でも普通に漕ぐことができましたよ。

⑦キッズエリア

未就学の子供向けエリアで、言うなればミニトンデミ。様々な遊びが詰まっています。(∩´∀`)∩

キッズエリアの敷地もなかなか広く、全力ではしゃぎ回ることができます。

そらもうガムシャラに遊び倒すそうあかりん

そのパワーは、付き添う保護者(母ちゃん)も疲れるほど。(^▽^;)

この日はさほど混雑していなかったからかもしれませんが、スタッフさんも子供達とたくさん遊んでくださいました。(^^♪

その他

トンデミ内にはトイレ更衣室無料ロッカーはもちろんのこと、ジュースやアイスの自販機休憩コーナーもありました。

➡ 2ページ目は、トンデミ以外の遊び場のご紹介!

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする