花粉症改善のため、鼻のアレルギー神経を切断してきました。|手術・入院体験談

【3ページ目の目次】

退院直後

相変わらず鼻水はダラダラ出続けます。

鼻の処置をしてもらって一時的でも良いから鼻水を止めて欲しいなと、次の診察が待ち遠しく感じてしまいます。

鼻うがいをして鼻を洗浄しても、直ぐにまたじわじわと鼻水があふれてくるんですよね~。(-_-;)

ちなみに、最初は少し抵抗があった鼻うがいも、やってみると意外と平気で、継続しているうちに日課になり生活の一部となりました。

退院1週間後

鼻水に少しずつ粘り気が出てきました。

が、まだまだ鼻水は止まりません。

退院1週間後の診察で、どのくらい治ったかを聞いてみました。

まだまだ我慢の日が続きます。(;’∀’)

退院後3週間後

鼻水も大分落ち着いてきました。

横になって寝ててもほとんど垂れてこないレベルです。

わりとストレスなく過ごせるようになりました。

退院後4週間後

かなり良くなってきました!

鼻水はまだ出ますが、出る頻度がさらに減ってきまして、もうほとんど気にならない程度です。

そうそう、鼻うがいの後にでっかい鼻くそが排出されることがあるのですが、それがまた面白いんです。

鼻うがいによりふやけて壁面から剥がされた鼻くそが、鼻をかむことによってボフッと排出されるんですよね…( ´艸`)

退院2か月後以降

退院2か月後、ほぼ元通りになりました。

ただ、まだでっかい鼻くそが排出されることがあります。頻度はかなり減りましたが。(^^ゞ

そして退院3か月後、経過観察のための診察を受けました。

かさぶたもほぼ完全に無くなったということで、これにて長かった通院も終了です☆

そして、退院前に先生から一言。

な、なんとぉ!!

手術前の診察では確か半永久的に治るとか言ってませんでしたっけ~💦(※ 診察は別の先生でした)

しかしまあ、神経が再生してしまうこと、こればかりは仕方ないですよね。

だって、人間なんだもの☆

その後の状況

花粉症の改善は?

手術後にスギ花粉・ヒノキ花粉の時期を迎えました。

花粉症の改善状況はいかがなものでしょうか?

結論からいうと

「大いに効果あり」です。

花粉症の時期に、薬を飲まずに出歩いてもほとんどムズムズすることなく過ごすことができました。

(多少は鼻水が出ますが、気にならない程度です。)

ただ、目はすごく痒いので、当たり前ですが花粉症自体がなくなったわけではないということを痛感させられます。

あくまでも鼻の症状が大きく軽減されただけということですね。

いや~、それにしてもビックリですね。

僕にとってみれば奇跡✨です!

鼻中隔湾曲症の改善は?

鼻の軟骨を削って鼻中隔の湾曲を軽減させたことにより、鼻のとおりが良くなりました。

ただ、鼻の強度上、骨を削りすぎることもできないので、完全に通るようになったわけではなくありません。

このように微妙に通りが良くなったからでしょうか…妻いわく、寝てるときに鼻から空気が中途半端に通る音がするそうです。(⌒-⌒; )

まあ、以前の状態と比べると明らかに空気の通りが良くなり、スッキリした毎日を送ることができるようになりました。

鼻が通るのって気持ちいですね✨

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

僕の場合、手術を経て、くしゃみや鼻水が大きく改善しました。

もちろんアレルギーが治ったわけではないですが、花粉症の時期の体が格段に楽になったことは事実です。

結果、手術を受けて正解だったと思います。

(お金的にも、高額医療費制度が適用されてかつ民間の医療保険を利用した結果、実質負担0円でできてよかったです。)

手術という選択は大きな決断になります。

あくまでも僕の場合はこうだったというものではありますが、手術を考えている方よかったら参考にしてください。m(_ _”m)

ブログ村ランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする